agaの根本的な対策方法ってどんな方法があるの?


agaは治療することが出来る脱毛症

思春期以降の男性の前頭部や頭頂部から薄くなる脱毛症をagaと言いますが、このagaという脱毛症は医療機関で治療することが出来る脱毛症であることは広く知られています。しかし、数ある治療法の中で根本的な治療が可能なのはどれなのか気になるという人も多いのではないでしょうか。

最も基本の治療法は根本的な治療法ではない

agaの治療法の中で最も基本となるのが内服薬を服用するというものです。agaを引き起こす原因となるDHTという物質を作り出す還元酵素の働きを阻害する薬を飲むことによって、脱毛を抑えるというものです。しかし、この治療法は薬を飲み続けている間だけ効果があるというもので、服用を中止すると元通り薄毛は進行していきます。つまり、内服薬による治療は対処療法的な治療であって、agaを根本的に治療することが出来るというものではないのです。

薬を飲まずに自分の髪が生え変わる治療方法

薬を飲まずに自分の髪が生え変わるagaの根本的な治療法としては「自毛植毛」というものがあります。自毛植毛とは、読んで字の如し自分の髪をagaで薄くなってしまった部分に植毛するという外科的治療法です。agaの場合、側頭部や後頭部から前頭部や頭頂部に植毛するという方法が一般的です。agaは前頭部や頭頂部に症状が出るため、側頭部や後頭部の髪の毛はagaの影響を受けていません。また、後頭部や側頭部の髪を前頭部や頭頂部に植毛したとしても、その髪の寿命は側頭部や後頭部のままなので治療効果が長く続くのです。したがって、薬を飲むこと無くagaの治療ができるということになります。

agaを新宿の駅近くで治療することができます。増毛や植毛など、個人が望む方法で通院できるのがメリットです。