無駄毛を処理する方法は1つだけじゃない!


自己処理の種類は多い

無駄毛の処理法は多数ありますが、大きく分けて自己処理と医療機関・サロンでの脱毛とに分かれています。自己処理で最もポピュラーな方法としてはカミソリで剃ることです。費用がかからず、手間も省けると言われており長年愛用する人は少なくありません。女性用のシェーバーもあり、デリケートな部分でもスムーズに剃れるようになっています。また、深剃りはできないけれど肌を傷付けない電気シェーバーや、産毛の処理専用の電動かみそりなども少なくありません。それ以外にはピンセットで毛抜きする方法の他、ワックスや脱毛テープ、そして毛を焼き切るヒートカッターなどがあります。ヒートカッターを使うと毛の焼けるにおいはしますが、再び生えてきた時にチクチクしません。手間をかけたくないからと脱毛クリームを使う人も多いです。

エステや医療機関で行われる処理法

医療機関・サロンでの脱毛方法として定番なのは、レーザー脱毛や光脱毛です。レーザーは医療用脱毛で最もポピュラーなもので、皮膚に特殊なレーザーを照射して無駄毛が生えてこなくなる方法です。メラニン色素だけに反応する特殊な周波数のレーザーが使用されており、皮下の毛根に作用して無駄毛が生えてこないようにする方法になります。費用は高額ですが結果は確実です。一方、エステサロン・脱毛サロンで使用されることが多いのは光脱毛になります。レーザーよりも照射する能力が弱く、敏感肌の人や痛みに弱い人に人気が高いです。ただし、結果が出るまでレーザーの数倍通わなければなりません。医療機関では毛穴に針を突っ込んで毛根に刺激を与えるニードル脱毛も存在しましたが痛みが激しく、毛穴周辺のケアが大変となるため、現在ではあまり行われません。

医療脱毛は医師や看護師が常駐する医療機関で行われる施術のことです。美容脱毛で使われるレーザーより強力なものを使うことが許可されているので高い脱毛効果が期待できます。